クリスタ見栄えUPアイデア②ふきだしを絵から浮かないようにする

この記事ではClipStudio(以下クリスタ)の設定をすこし変えるだけで見栄えをよくするアイデアを紹介しています。

クリスタのふきだしって初期のまま使用するとかっちりしすぎて絵から浮くなぁと思いませんか。

本記事を読むとふきだしの線種を変更して絵となじませることができ、見栄えが良くなる方法を知ることができますよ。

【結論】主線に使用しているブラシをプリセット登録し、ふきだしペンのブラシ形状に指定することで絵になじむふきだしを作成できるようになる

初期設定のふきだし
初期設定のふきだし
主線と同じペンに変更したふきだし
主線と同じペンに変更したふきだし
  • 左の絵がクリスタの初期設定のふきだし、右の絵が主線と同じペンにペン形状を変更したふきだしです。
  • 好みはあると思いますが、主線と同じペンにペン形状を変更したふきだしの方が原稿の中でふきだしが浮きにくくなります。

設定方法

1. 主線に使用しているペンツールのツールプロパティを開き、右下のスパナアイコンをクリックします。

ツールプロパティを開き、右下のスパナアイコンをクリック
ツールプロパティを開き、右下のスパナアイコンをクリック

わたしが主線に使用しているデGペンはCLIP STUDIO ASSETSでの配布終了しています。

すごく使いやすいペンなのでご紹介したかったのですが残念です。

2. サブツール詳細のブラシ形状>プリセットに登録をクリックします。

サブツール詳細のブラシ形状>プリセットに登録をクリック
サブツール詳細のブラシ形状>プリセットに登録をクリック

3. ブラシ形状に登録されたことを確認します。

ブラシ形状に登録されたことを確認
ブラシ形状に登録されたことを確認

4. フキダシペンを選択します。

フキダシペンを選択
フキダシペンを選択

5. ブラシ形状の下向きのカッコをクリックします。

ブラシ形状の下向きのカッコをクリック
ブラシ形状の下向きのカッコをクリック

6. さきほど登録した主線のブラシ形状のプリセットを選択します。

主線のブラシ形状のプリセットを選択
主線のブラシ形状のプリセットを選択

7. 実際にふきだしを描いてみながら絵になじむブラシサイズに変更します。

絵になじむブラシサイズに変更
絵になじむブラシサイズに変更

これで完了です。簡単ですね!

まとめ

今回のアイデアもちょっとしたことですがやってみると原稿の見栄えがすごく変わります。

わたしの場合は初期設定のふきだしだと絵からふきだしが完全に浮いてしまい、ソフトを使いこなしていない感がひしひしと伝わってくる原稿になってしまいます。

かっちりした絵を描く方は初期設定のふきだしでもいいと思うのですが、アナログっぽい雰囲気の絵を描く方は今回のアイデアを採用してみると原稿の見栄えがグッとよくなりますよ。