【はじめての同人誌作成講座】締切の設定の仕方

日曜日(管理人)日曜日(管理人)
同人誌をはじめて作ってみたいけど、どうすればいいのかな・・?そんな人にぴったりの記事です。

どういう人向けの記事か

こちらの記事のシリーズはデジタルでのお絵描きはある程度出来て、これから同人誌を発行してみたいという同人誌発行初心者さん向けの記事です。

漫画・イラスト・小説、どの形の同人誌でも大丈夫な内容です。

同人誌を発行したことがある方でも締切までに原稿が終わらなくて新刊を落としてしまった経験のある方原稿をしなきゃと思いながらもなかなか取り掛かることができない方にも本シリーズはオススメです。

記事を読んで得られること

同人誌発行という目標に向けてスケジュールの立て方スケジュール通りに作業を進めるためのテクニックもし締切に間に合わなそうならば何を取捨選択するかの考え方について解説します。

漫画の描き方や絵画技法、クリスタの使い方、印刷所への入稿については解説しているサイトや本が多く、わたし以上に詳しい方が多くいるため本ブログでは扱いません。

同人に関わる法律と権利関係の知識については必要な範囲で解説しますが、同人界隈の慣習や常識については詳しく記載しない予定です。

記事を読み終えるとどうなるのか

同人初心者の方でもスケジュール通りに原稿を完成させてはじめての同人誌を手にする感動を味わえるようになります。

本シリーズのまとめページはこちら。

【結論】締切はイベントのタイミングに合わせ、外部からの強制力を利用して締切に間に合わせよう

【おさらい】同人誌発行までのおおまかな流れ

同人誌作成工程のうち、「2.締切を決める」「3.ページ数を決める」「4.内容の決める」の工程を間違わなければ8割の確率で同人誌を発行できます。

あとの2割は「8.表紙を作成する」「9.本文を作成する」の作業中の集中力と作業の習慣化です。

この記事は「2.締切を決める」について、何のタイミングを締切とすればよいかとその理由について解説します。

【本題】締切を何のタイミングに合わせるか

締切は外部のイベント、たとえばコミックマーケットやコミックシティ、エア即売会イベントに合わせるのが締切を守るためには大事です。

自分の心の中で決めた締切に合わせるのは絶対にやってはいけません。

合わせる、合わせとは

「合わせる、合わせ」という独特な用語が出てきましたので解説します。

同人界隈で「合わせる、合わせ」というのはそのイベントに同人誌を発行するという意味で用いられます。

たとえば「冬コミ合わせの原稿をしている」というのは「冬コミで発行する同人誌の原稿をしている」という意味になります。

「合わせる、合わせ」という言葉の普通のイメージですと「冬コミ当日までに原稿を完成させる」という風にとらえる方もいるかもしれませんが、それだと原稿を印刷する時間がありませんので間違いです。

コスプレ界隈でも「合わせ」という言葉が使用されますが、こちらは複数人のコスプレイヤーが同じ作品のキャラクターのコスプレで集まることを意味しています。

このシリーズにおける「締切」の定義

同人誌を発行することを決めたらいつまでにその同人誌を発行するかを決めなければいけません。

多くの場合、同人誌の印刷は印刷所にお願いすることになります。

印刷所にお渡しする原稿を完成させるタイミングを本シリーズでの「締切」の定義とさせていただきます。

印刷にかかる日数について

印刷所の入稿日は納品してもらいたい日付のおおよそ1週間前の印刷所が多いようです。

ただし参加者の多いイベントの開催時期であったり、ページ数が多い場合や特別な装丁の場合は入稿日は早まります。

「7.印刷所を決める」の段階で利用する印刷所の入稿日を確認しましょう。

原稿ができあがったら発行する(明確な締切を設定しない)→絶対にダメ

まずはダメな締切設定から見ていきましょう。

明確な締切を設定せずに「原稿が出来上がったら同人誌にしよう」というのは絶対にダメです。

なぜなら人間は明確の期限がないといつまでたっても作業を開始しない、もしくは原稿の完成を先延ばしにしてしまうからです。

  • 「原稿やらなきゃと思うけど、今日は仕事で疲れたから週末にやればいいや〜」
  • 「全ページ背景まできっちり描いて自分の納得のいく出来になるまで印刷しない!」

こんなことを言っていたらいつまで経っても原稿が完成しないのは明白ですよね。

人間の意志の力は自分が思っているよりも弱いもので外部からの強制力を利用しないと原稿を締め切りまでにやり遂げる事はまず無理です。

100%の完成度の作品じゃないと発表してはならないという思い込みも捨ててください

出ない神本より出たクソ本

同人界隈の格言のひとつ。

神のように高い完成度だが発行されない同人誌よりも完成度はクソ程度だが発行された同人誌の方が読者にとってはありがたいということ。

本来、作品の評価というのは自身ではなく他人がつけるものである。

作品の出来にこだわりいつまでも原稿を完成させず、世に出さないのもったいない。

自分で何か締切を設定する(3月に発行する など)→あまりよくない

例えば「3月までに同人誌を発行します!」とTwitterなどで宣言するのはどうでしょうか。

明確な締切を設定しているし、それを外部にも公表しているしているし一見良さそうですよね。

これも実はあんまり良くはありません。

確かに自分以外の人に宣言することで締切を守らなけらばというプレッシャーが働きます。

ですが原稿がスケジュール通りに進まず挫折しそうになったとき、あなたはきっとこう思うでしょう。

  • 「わたしが3月に同人誌を出すと宣言したことをきっと誰も覚えていない。」
  • 「覚えていないんだから同人誌出さなくても誰もがっかりしないよね・・?」

もしくは周囲の友達はあなたの日頃の忙しさを知っていて

  • 「忙しいんだから同人誌を出せなくてもしょうがないよ」

と慰めてくれるのではないでしょうか。

これでは強制力にはなりませんよね。

一番の問題点はこの締切の決め方では締切はあなたひとりだけのものということです。

逆に誰かと締切を一緒にすれば締め切りを守りやすくなるということでもあります。

  • その締切をみんなが明確に覚えている。
  • その締切を守らないと自分や周囲の人がガッカリする。
  • 仕事や学業がどんなに忙しくてもその締切に向けて多くの人が原稿をしている。

こんな締切ならば守れそうな気がしてきませんか。

イベントに合わせる→外部からの強制力を利用できるのでオススメ

先ほど記載した3つ条件に当てはまるのは同人イベントに合わせて締切を設定することです。

同人イベントとはコミックマーケットやコミックシティなどの同人誌即売会のことです。

同人イベント自体は通年各地で行われていますが同じジャンルの人が多く参加するイベントに参加するのが良いでしょう。

そうするとTwitterなどのSNSはイベント間際になると原稿の進捗ツィートばかりになりますので「みんなも原稿しているし、わたしも原稿をしなきゃ!」という気持ちになりやすくなります

同人誌の進捗ツィートに対して「新刊楽しみにしています」という反応をもらえることも多いので周囲からの期待に応えるために新刊を落とせないというプレッシャーを感じることができます。

また印刷所の入稿日を守らないと印刷料金の割増という金銭的なペナルティーを受けるため、無駄なお金を支払いたくない気持ちがさらに作業にドライブをかけます。

このように誰かと一緒に原稿をやることや作業を行うための環境を整えることが締切を守るために重要です。

外部からの何の制約もない状態で自分の意志の力だけで締切を守ることは誰にとっても非常に難しいことです。

あなただけが特別意志の力が弱いというわけではありません。

誰かと一緒にすることで目標を達成しやすくなること、目標を達成するためには仕組みが重要ということはこちらの本に詳しく記載がありますので興味がある方は読んでみてください。

リアルイベントがなくてもオンライン即売会やエアコミケやエアブーがある

コロナ禍においてリアルの同人イベントは中止や延期が続いています。

もしくは開催されても参加者が極端に少ないという状況です。

リアルイベントの代わりにオンライン即売会などが開催されているので、このようなイベントに合わせるのもオススメです。

エアコミケ

Twitterを中心としたSNS上でコミケ開催期間に参加者同士が交流しようという試みです。

#エアブー

エアコミケのコミックシティバージョンです。

pictSQUARE

オンライン上のイベント会場でアバターを利用して参加者と交流したり同人誌を購入できるシステムです。

まとめ

現状同人イベントへの参加が厳しい状況ですが、エアコミケなど代わりになるイベントに合わせて外部からの強制力をうまく利用して原稿を完成させましょう!